【レビュー】眠れなくなるほど面白い糖質の話

書籍
スポンサーリンク

書籍「眠れなくなるほど面白い糖質の話」のご紹介です。

あらすじ

「糖質」の疑問を専門医がすべて解説!
 ・今や一般化してきた糖質について
 ・ダイエットをしている人
 ・これから始めようと思っている人
 ・糖尿病の家族を持つ人など

糖質のメカニズムをもっと知りたい人に向けて、
わかりやすく端的に図解で紹介しています。


読書時間、読みやすさ

読書時間

2時間です。
興味のあった所を読んでいき、興味を持てなかったものは
流し見していきました。

読みやすさ

読みやすいです。
重要なポイントがマーカーで引かれており、図のある説明で
詳しく書かれているのでサクサクと内容が入ってきます。

印象に残ったところ

① カロリー制限という考え方

カロリーが高いものが太る原因、というのは間違い。
これは数十年前にアメリカが出した間違った結論が
常識として根付いてしまった古い考え方。今のアメリカでは
「糖質こそ肥満と糖尿病の原因である」となっている。

② 食後の眠気は糖質が原因?

食事をすると血中のブドウ糖が増えて血糖値が上がるが、
それを下げるためにすい臓からインスリンが分泌される。
これが血中のブドウ糖を下げるので、脳へ回っていた
ブドウ糖が急激に減り一時的に眠くなる。
食後の眠気を抑えるには糖質を抑えたメニューを選び、
しっかりとゆっくり噛んで食べるようにしましょう。


③ 糖質中毒

糖質を摂るとそのご褒美として幸せを感じるようになる。
この脳の快楽が大変危険で、
糖質を必要としていない状態でも
快楽を得るために糖質を摂ってしまうようになる。
糖質は依存性がある物質である。

④ 老化につながる食品とは

高温で調理すればするほど
老化の原因であるAGEが増える。


基本的に生が一番AGEが少なく、
生→茹でる→蒸す→焼く→揚げる
の順に増えていく。

糖質の多い食品をこんがり焼いたり揚げたりした食べ物
 ワッフル、パンケーキ、ポテトチップス、フライドポテト
高温で調理した食べ物
 ソーセージ、チキンナゲット、ローストビーフ、ハンバーガー

⑤ 「糖分を摂らないと脳が働かなくなる」は嘘

甘いものを食べると頭がすっきりしたと感じる人も
いるかもしれないが、実際は急激に血糖値が上がって
ドーパミンやセロトニンが分泌され、ハイな状態に
なっているだけ。そのあとすぐに低血糖に陥り
また甘いものが欲しくなる負のスパイラルに陥る。
安易に甘いものに頼らず血糖値を正常に保つよう心掛けること。

⑥ ちょこちょこ食べたほうが太らない

1日の食事量をオーバーするのであれば肥満に繋がるが、
1日の食事量が同じであれば、まとめて食べるよりも
ちょこちょこと分けたほうが太らない。

つまり、朝昼晩で食べている量を5回や6回に
分けて摂ったほうがより太りにくくなる。

逆に、まとめて1回でドカ食いするほうが太る。

読み終えての感想

太る原因は糖質。糖質制限を意識するのが
大切であることを学べました。

食後の眠気が糖質が原因であるのは初めて知りました。
意識して糖質を抑えていく必要性があるのを
改めて考えさせられました。面白かったです!