【ネタバレ注意】精神科医が教える ストレスフリー超大全 感想

ビジネス・経済
スポンサーリンク

はじめに

今回ご紹介するのは
「精神科医が教える ストレスフリー超大全」です。

仕事やコロナ渦でストレスに感じる事が多くなったので
ストレス対処方法を学ぶ為にこの本を選びました。

要約

以下、私自身が勉強になった部分を抜粋した要約です。

序章:すべてのベースとなる「解決法」|ストレスフリーの基本

 1、生活を整えてちゃんと生きる
   睡眠、運動、食事を正しくする事で病気の予防になる。
    睡眠:毎日7時間以上
    運動:1日20分以上
    食事:1日3食をバランスよく食べる。
       よく噛んで食べる。
       緑茶やコーヒーを1日1~2杯飲む。

 2、最高のモーニングルーティン「朝散歩」をする
   セロトニンは「朝日を浴びる」「リズム運動」「咀嚼」で活性化する。
   セロトニンが活性化すると清々しい気持ち、意欲がアップ、集中力が高くなる。
   具体的な朝散歩
    ・起床後1時間以内。15~30分の散歩。午前中。
    ・同じテンポでリズミカルに歩く。

1章:他人ではなく「自分」を変える|人間関係

 1、人の意見に流されやすい人は、意見を聞く前に先に自分の答えを持っておくこと。
 2、信頼できる人と信頼できない人を見分ける方法。
   信頼できない人:利己的。自分の利益ばかりを考える人。
   信頼できる人 :利他的。他人への気遣い、関心がある。
 3、嫌いな人がいる場合、嫌いという感情が強くなると相手に見抜かれる。
   なので人を判断するときは「好き」か「普通」で判断する。
 4、本音は本当に親しい人(家族や恋人、親友など)だけにする。
   親しくもない人に本音で相談しても相手は迷惑。
 5、悪意を向けてくる人は相手にしない。リアクション取らない。反論も怒りもしない。

2章:「仲間」と「家族」が活力となる|プライベート

 1、本当に強い絆の関係は、親友や相談相手含め5人以下までしか繋がれない。
 2、親しくなる為に。何度も会うほど親密度は高まる。回数を重ねること。

3章:「天職」を求め、「やらされ仕事」から抜け出す|仕事

 1、職場の人間関係は最低限のコミュニケーションがあれば十分。
 2、意思疎通が図れるチーム人数は8人までが限界。
 3、仕事が楽しくないは当たり前。「工夫」ができるようになって仕事は楽しくなる
   逆に、「基本」が出来ていない人が自己流をめざしてもうまくいかない。
 4、仕事を辞める辞めないの判断基準は、仕事を一通り身に着けたかどうか。
 5、天職の見つけ方は以下を順番良く行う
   ①楽しいは何かを発見する
   ②自分が他人よりも秀でている能力を発見する
   ③強みを使ってどのように社会貢献できるか?
 6、仕事で活躍できるようには「自分の勉強」を行う。
   会社の勉強:
    特徴
     ・今の業務に役立つ
     ・最低限の知識
     ・やれて当然のこと
    具体的内容:
     ・会社のマニュアル
     ・会社の研修
     ・上司や先輩からの指導
   自分の勉強:
    特徴
     ・あらゆる仕事に役立つ
     ・+αの知識
     ・後回しにやりがち
    具体的内容:
     ・仕事術
     ・コミュニケーション術
     ・読書、セミナーや講演会の参加

4章:「疲れない体」を手に入れる|健康

 1、6時間睡眠を14日間続けると丸2日徹夜したのと同程度の認知機能になる
 2、良い睡眠を取る為には
   ・ブルーライトを浴びない(スマホやPC、蛍光灯などの光)。
    白熱電球またはLED電球の「電球色」に変える。
   ・就寝前の飲酒、食事をやめる
    「寝酒は眠りにいい」は間違い。寝つきは若干短縮されるが、
    目覚めるのも早くなるのでトータルの睡眠時間が短縮される。
   ・寝る前90分までに入浴を終える
 3、1日10分の運動をしている人は死亡率が30%減る
 4、健康に良い食べ物は5つだけ。
   「魚」「野菜と果物(フルーツジュースやじゃがいもは含まない)」
   「茶色い炭水化物(玄米、蕎麦、全粒粉のパン)」「オリーブオイル」「ナッツ類」
 5、「少量の飲酒は健康にいい」は誤り。飲めば飲むほど病気リスクが高まる。
 6、カフェインの半減期は4~6時間。夕食後のコーヒーは不眠の原因になるので控える

5章:心を整え、「新しい自分」にアップデートする|メンタル

 1、睡眠不足が緊張の原因になりえる。
 2、怒りのコントロール。6秒ルールで怒りのピークをやり過ごす
 3、ピークは回避できても怒りは収まってはいない。40秒ルールで怒りは沈静化
 4、嫌な出来事を忘れる方法。一番信頼できる人に、その話を1回だけにして終わりにする事。
   何度も話すと忘れられなくなるので1回のみにする。
 5、認知症は発症の25年前から始まっている。認知症予防は40代より前からスタートすべき。
 6、認知症予防の効果的な方法は「運動」と「睡眠」。睡眠時間は脳の掃除時間。

6章:精神科医がたどり着いた「とっておきの考え方」|生き方

 幸福を得るには以下の順番で。
  1、心と体の健康:朝散歩、瞑想、座禅、笑顔
  2、つながり・愛:スキンシップ、コミュニケーション、社会貢献
  3、成功・お金 :社会的成功、目標設定と達成、
 1と2の幸福に気づければ本当の幸福を得られる

感想

とても勉強になりました!
この本の影響で、まずは出来るところから始めようと思い
休日は朝散歩するようにしましたし、
お酒も控えたり、その他の生活習慣も大幅に変えました。

ストレス対策の気づきが得られる本だと思います。
興味ある人は是非。オススメです。