【第1回】FXとは

FX
スポンサーリンク

FXとは

FX=「Foreign eXchange」の略で、
外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)を指します。

FXでは2国間の通貨を両替(取引)しますが、
利益を出す方法として
 為替差益    : 為替レートの変動を利用して利益を出す
 スワップポイント: 金利差を利用して利益を出す
の2種類があります。

為替差益

為替差益の出し方は2パターンあります。
 ・安く買って高く売る。
 ・高く売って安く買う。
どちらでもOKで、
相場が円高に動いても円安に動いても
利益を狙うことができます。

スワップポイント

金利の高い国と、金利の低い国による金利差によって
利益を得る方法がスワップポイントです。

金利差がプラスであれば、保有しているだけで
ほぼ毎日利益が発生します(1日ごとに金利が発生)。

但し、為替変動だけでも日々の値動きが大きいため
短期保有での収益はあてにできません。
スワップポイントによる収益狙いは
長期保有(3~5年)を予定している方に向いています。


FXのメリット

FXには大きく3つのメリットがあります。

少ない資金からでも始められる

FXは証拠金を預けて売買の権利を買う「証拠金取引」です。
そのため実際に投資した金額以上の額の取引ができます。
一方、FXでは少ない手持ち資金で大きなお金を動かす
レバレッジ」という仕組みもあります。

例えば、レバレッジを25倍で考えた場合、
元手の資金から25倍の取引が可能です。
つまり、4万円の元手があれば100万円の取引ができます。

24時間取引できる

為替は24時間、世界のどこかでマーケットが開いているので
どの時間でも取引することができます。

手数料が安い

FXの手数料はおもに売買手数料スプレッドがあります。

スプレッドとは、為替を取引するときに提示される
買い値と売り値の差
のことです。
スプレッドが狭いほど取引では有利になりますが、
米ドル/日本円で1銭以下の業者も多くあり、
その点で取引コストは外貨預金や株式取引と
比べて安いといえます。
また、売買手数料については無料の業者が多く、
手数料の安さもFXの魅力のひとつです。

FXのリスク

FXには以下のリスクがあります。

為替変動リスク

為替変動により資金が目減りするリスクです。
レバレッジ効果があるため、わずかな値動きでも
大きな損失を生む可能性があります。

流動性リスク

注文が約定しないリスクです。流通量の少ない
マイナーな通貨や、売買が殺到している状況で約定すると
思い通りの価格で取引ができなくなる可能性があります。

金利変動リスク

2国間の金利水準の差により、上記スワップポイントの
逆の説明になりますが、金利の低い通貨を買った場合は
逆に金利分の支払いが発生します。長期保有の時は特に注意が必要です。

システムリスク

ネット回線やFXサーバー業者のトラブルなどで取引できないリスクです。
環境選びは十分に気をつけましょう。

以上です。