【レビュー】超雑談力

書籍
スポンサーリンク

書籍「超雑談力」のご紹介です。

あらすじ

微妙な関係の人と、気を使いながら、
なんとなく話さなくちゃいけない「雑談」。
苦手、うまくいかない、ストレスという人も多いでしょう。

なぜ「雑談」は難しいのでしょう?
それは「雑談は、普通の会話とは、まったく違うから」です。
だから難しくて当たり前。

では、どうすればいいか。
「雑談に適した話し方=雑談力」を身につければいいだけです。
テレビやラジオで活躍する「コミュニケーションの達人」が教える、
超雑談力7つのルール+場面別のコツが満載。
一生モノの雑談力を身に付けましょう!というお話です。


読書時間、読みやすさ

読書時間

1時間30分ほどでした。
私はそれほど読むスピードは速くないですが
それでも時間はかからないかな、と思います。

読みやすさ

読みやすいです。
文字数も少なくてバランスよく、
要点も赤い線が引いてあり、さくさく読めます。

印象に残ったところ

① ただ会話のラリーを続ける

雑談は、会話を通じてお互いの警戒心を解き、
スムーズで円滑な関係にシフトするのが目的。

面白い話を無理にする必要はないし、
結論やオチも要らない。
ただただ、続きさえすればよい。

② 時事ネタやニュースを話す場合は注意

会話が上滑りしてしまい、生の感情を話しにくい。
自分自身のエピソードや体験談を話す方が
気持ちを乗せやすい。

③ 肯定して共感する

相手の発言を否定・訂正したりアドバイスをするのは
雑談においてはNG。
多少相手の話が間違っていようと意見に違いがあろうと、
目をつむって話を続けるのが正しい。
肯定すると人は気持ちを打ち明けやすくなる。

④ 雑談はほどよいところで切り上げる

雑談は関係の構築が目的だが、
ある程度距離を置きたい場合もある。
雑談の切り上げ方は、
なるべく気持ちを話さず、
リアクションを抑え、話をまとめて、その場を去る

というイメージで行う。

⑤ すぐに「私もです」とアピールしない

共通の話題が見つかると「私も」と、
つい自分の話をしたくなるが、
すぐ話始めるとだと相手の話を奪う事になってしまう。
共通点があることは伝えつつも、
会話の主導権は相手に委ねる方が良い。

⑥ 食べ物の好き・嫌いの話は鉄板ネタ

食べ物の好き・嫌いは、誰も傷つかない、
でも人柄が出やすい話題なのでおすすめ。

子供みたいな好き嫌いの話は初対面の相手でも
必ず盛り上がる鉄板ネタです。

⑦ あいづちよりもリアクションの方が簡単

気の利いたあいづちよりも
「あいうえお」のリアクションが効果的。
 「あー!(納得)」
 「いいですねー(共感)」
 「うーん(考える)」
 「ええ!?(驚き)」
 「おー!(感嘆)」


⑧ クローズド・クエスチョンよりもオープン・クエスチョン

「はい、いいえ」で終わってしまう
クローズド・クエスチョンは
相手に悩ませることが少なくなるので効果的。

最初に話のテンポを作る上でクローズドは有効。

⑨ 飲みや遊びに誘われたら「いいですね!」と即答する

正直、行きたくないとしても、
保留にするのはNG。
「ぜひ行きたいです」と即答するのが正解
そのうえで「スケジュールを見てみたのですが、
すみません、先約がありました。」と
後から断ってもOK。
前向きなポーズを示せるかどうかが関係構築には重要。

読み終えての感想

雑談。簡単なようで難しい。
沈黙の時間が流れたら焦りますよね。
何話したらいいんだろう、と。

この本ではシチュエーションに合わせて
どういった対策があるのか網羅的に書いていて
勉強になりました。
雑談のヒントになることが多く詰まっているので
一度は見てみる価値はありますよ。