【ネタバレ注意】漫画 バビロン大富豪の教え 感想

ビジネス・経済
スポンサーリンク

はじめに

今回ご紹介するのは
「漫画 バビロン大富豪の教え」です。


お金の事を勉強していく上での一般教養として
色んな方が度々紹介しているのが「バビロン大富豪の教え」。
一度は目を通しておきたいと思い、
サッと読む為にこの本を選びました。

要約

貧しい家庭で育った主人公のバンシル。
金持ちになる方法を尋ねに、バビロンの大富豪である
アルカドに聞きに行く事に。そこで伝えられた事。

黄金を増やす七つの道具
1、収入の十分の一を貯金せよ
   →常に貯金に回せるお金を作る
2、欲望に優先順位をつけよ
   →必ずしも必要なものでない物は切り捨てる
3、貯えた金に働かせよ
   →定期的にお金が入ってくる仕組みこそ本物の財産
4、危険や天敵から金を堅守せよ
   →危険な話やリスクのある所には安易に乗らない
5、より良きところに住め
   →住居への支払いは心を豊かにする投資
6、今日から未来の生活に備えよ
   →お金を稼げなくなった時の備え
7、自分こそを最大の資本にせよ
   →行動した人にこそ幸せは訪れる

大富豪のアルカドに見込まれたバンシルは、
旅の資金を渡され、金持ちになる方法を
見つけるために旅に出る。

旅の中で悪い人に騙され旅の資金を全て失う。
無一文になった時、アルカドの次の教えをもらう。

【「お金」と「幸せ」を生み出す5つの黄金法則】
1、家族と自分の将来のために収入の十分の一以上を蓄える者の元には
  黄金は自らを膨らませながら喜んでやってくるだろう
2、黄金に稼げる勤め先を見つけてやり、持ち主が群れを膨大に増やす
  羊飼いのように賢明ならば黄金は賢明に働くことだろう
3、黄金の扱いに秀でた者の助言に熱心に耳をかたむける持ち主からは
  黄金が離れることはないだろう
4、自分が理解していない商い、あるいは、黄金の防衛に秀でた者が
  否定する商いに投資してしまう持ち主からは黄金は離れていくだろう
5、非現実的な利益を出そうとしたり、謀略家の甘い誘惑の言葉にのったり
  己の未熟な経験を妄信したりする者からは黄金は逃げることになるだろう

無一文になったのは、この4と5に反したからだと悟り、
この後、地道に働き、周囲の者から評価されて
正しい事業を紹介されてお金を稼ぎ、大富豪アルカドのもとに帰る。

・・この続きもありますが、
私が知りたかった話はここまでなので以上とします。

感想

思ったのは今の時代でも通じる不変の法則、という感じです。
確かに一般教養としてオススメに上がるわけですね。。

漫画としては、この後にバンシルが戦争に巻き込まれ
もう一回どん底を経験するのですが、今までの経験や
アルカドとの出会いがあったことで大きく成長していきます。

興味ある人は是非♪