【レビュー】年収250万円からの貯金術

書籍
スポンサーリンク

書籍「年収250万円からの貯金術」のご紹介です。

あらすじ

なぜかお金が貯まらない。
必要な時にお金がない!

そんな火の車の家計を再生します。
実用的なお金の管理メソッドから、
自己改革によるお金との付き合い方まで
マンガで納得、というお話です。


読書時間、読みやすさ

読書時間

1時間弱です。
細かい説明をしているところもありますが、
必要だと思うところだけを拾って読んでいきました。

読みやすさ

読みやすいです。
文章量も詰め込み過ぎておらず
サクサク読めます。

印象に残ったところ

① 支出から見えるお金のクセを知ろう

家計簿をつけてお金の使い方を「見つける」。

携帯電話代が高い
 依存心が強いタイプ。人と繋がっていないと不安で
 充電が切れるとコンビニで充電器を買ったりする
カード払いが多い
 自分に甘く、自己コントロールが心配なタイプ。
 キャッシュレスの支払いに慣れ、
 つい高額な買い物をしてしまう。
生命保険料が高い
 問題に正面から取り組まず、「とりあえず」で
 行動するタイプ。本当に必要かを深く考えない。
交際費が高い
 寂しがりで一人が不安。一人の食事が苦手で
 つい人と一緒に、というタイプ
嗜好品代が高い
 意思が弱いタイプ。小さな欲望に勝てず、
 コツコツと出費を重ねてしまう。

② 「消・浪・投」の割合を探ろう

支出は消費、浪費、投資の3つに分類する。
目安として、消費70%、投資25%、浪費5%に調整していく。

消費
 生活に必要な支出。日用品の購入や使用料など
 生産性や成長につながる要素は特にない支出。
 例:食費、住居費、水道光熱費、被服費、交通費、日用品など
浪費
 生活に必要でないもの。目先の楽しみのための無意味な支出。
 例:嗜好品(タバコ、酒、コーヒー)、必要以上の買い物、
   ギャンブル、こづかい、無自覚に増やした借金の金利など
投資
 目の前の生活に必ずしも必要でないが、将来の自分や
 家族の成長・生産性につながる有効な支出。
 例:習い事、新聞・書籍代、投資信託、貯蓄など

③ 家計簿はアプリより手書き?

手書きが良い理由。
 ①手書きする時間=振り返る時間になる
 ②アレンジしやすい
 ③「書く」ことで意識化する

読み終えての感想

私は長年、家計簿をつけています。
自身が浪費を見つけやすいように
不定期にアレンジしているのですが、
手書きが良いという部分は共感できました。

また、支出から見えるクセを知る、という部分も
自身の性格を把握することで、
性格からくる消費や浪費を意識するように
なるので勉強になりました。